Buried Alive

時間を無駄にしに来た皆さま、ようこそ。

ミリオン幕張、初日

 

 

まえがき

 

このブログは、普段の文体と大きく変えてあります。

内容も、よそのPの皆様への批判、あるいは侮辱ともとられかねないものを含んでおりますが、そのような感情は一切ありません。単純に「真壁瑞希のファン」および「真壁瑞希のプロデューサー」としての感情をつづってあります。行き過ぎた表現があるかもしれませんが、それをスルーできる方のみ続きをお読みください。

また、この話は「梅田ブルク7・シアター6」においてのみの話です。よその会場とか知ったことではありません。

 

次に、この文中で出てくる「瑞希」が指すのは「阿部里果」および「真壁瑞希」の両名です。2人で1役を担ってもらっております。

 

あと、英単語ガッツリ意訳加えてるし、意味をわざと間違えてます。

 

 

 

では、スタート。

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

 幕張公演、初日が終わった。

ここに瑞希が来たならば、こう言ってくるかな。

感想こたえ、ください」

 

 

 さて、私が参戦したライブのブログの感想を書く際には、なるべくすべての曲についての感想を短くてもいいから書くように心がけている。出来ているとは言っていない、が。

 今回は、違った。

 瑞希に、全ての記憶を持っていかれた。

 周知の通り、瑞希は周年ライブでは今回が初参戦となる。真壁瑞希は表情を崩さない。その表情をなんとか読み取るのが楽しいのだが、ともかく、今回も緊張しているようには見えなかった。しかし、いくら表に出さないとはいえ、周年ライブでの初参戦とあらば、何かミスを起こすのは当然だし、責められるべきではない。その程度の認識でしかなかった。

 はたして、彼女は本当に緊張を見せなかった。

 セットリスト1番手、『Cut. Cut. Cut.』。いくら桃子がいるとはいえ、初参戦に先頭打者を任せるという、言葉を選ばないならば「鬼畜」と言っても良いセトリである。無邪気に瑞希のファンである私は喜んでいたものの、今思い返せば冷や汗モノであった。瑞希はやってのけた。桃子にも負けないくらい、桃子が瑞希にダンスを教わったと言ってもいいくらいに、見事なパフォーマンスをやってのけた。私は思わず涙した。

 ああ、瑞希。君はなんて素晴らしいアイドルなんだ。君を応援して、サポートしてきてよかった。

 次に、『Growing Storm!』である。ああ、歌詞を良く見れば、この歌は今回の瑞希のための歌じゃないか。乙女ストームの4人に支えられ、彼女はより一層輝いていた。つくずく、あのユニットは良いユニットであると思う。瑞希以外はバカ天然しかいないので、彼女がお姉さんとして引っ張る必要があるのだが……いやはや、ステージ上での瑞希は完全に下っ端である。上には、上がいる。やはり、未来、杏奈、百合子、翼との間には大きな差がある。だが、瑞希はこれから彼女たちのような存在になってくれる。そう、確信できた。

 『…In The Name Of。…LOVE?』、瑞希の単独ステージ。ライブを見ているすべての人間の目が、瑞希に向けられる。私は、このステージで涙が止まらなかった。コールを涙声で叫び続けた。ただ、涙がとめどなく出てきた。今なら、その涙の理由が説明できる気がする。後述するのでここでは割愛。

 『アイル』。……言い訳を先に。この曲は翼の曲だ。いくら瑞希が歌っているとはいえ一切それを無視するわけにはいかない。なので黄緑色を振らせてもらった。瑞希、許せ。さて、私はこの曲を『プラリネ』からのリレーと予想していた。まあ、これは的中した。が、「瑞希とジュリアでコーラスをする」とは一切予想していなかった。いや、そりゃあゲッサンは瑞希と翼の物語なんだから、彼女たちが出てくるのは当然だろう、と思う方々もいるだろう。その通りである。だが、私は「まさか瑞希にそこまで任せることもあるまい」とナメくさっていたのである。私は自分を恥じねばならない。

 

 

 

 

……この感情を説明する方法が、わからない。

 

 

 

 今回、私は非常に喜ばしかった。

 実を言うと、私が聞こえた範囲にとどめれば、『…In The Name Of。…LOVE?』においてコールをしていたのは私を含めたった2人である。もう1人の方はコールマスターと言えるくらい全ての曲に完璧なコールを入れておられたし、本人の会話からすると桃子の担当であると思われる。Growing Storm!で周りを見渡すと、瑞希の色のライトを振っている方は数人しかいない。その数人も乙女ストーム5人全員の分をそろえている模範的Pの方々ばかりだ。会場に「真壁瑞希の担当」は私のみであった。あの最高のパフォーマンスを独り占めできたのだ。これ以上の喜びがあろうか。

 

 

 同時に、私は怒った。

 なぜ、誰もあの素晴らしい曲を聴いていないのか。コールを入れてくれと言わんばかりの曲である。そりゃあ英語が多くて難しいかもしれないが、1日もあれば覚えられる。わざとコールを入れてない人もいたかもしれないが……まあ、全体で言えばごく少数だろう。あの映画館には片手で数える程度の人間しかいないはずだ。真壁瑞希の知名度、魅力はここまでない物だろうか。この野郎共、覚えていろ。瑞希の魅力に気づけなかったことを一生後悔させてやる。瑞希をトップアイドルに必ずさせてやる。絶対にだ。トップアイドルになってから魅力に気づいても、もう遅い。

 

 

 私は、悲しくもあった。

 特に『アイル』で、だ。

 あの場面、漫画のオマージュであることは誰の目にも明らかだ。鳥肌モノである。ああ、その通りだ。翼の歌、ジュリアの『プラリネ』からの一連のギター……賞賛されるべき部分は山ほどある。しかし、どうだ。瑞希が初出演にも関わらず、翼の歌を一切邪魔することもなく、また負けることもなく、翼の歌声をさらなる高みへ押し上げ、なおかつ瑞希が瑞希として主張していた。それに、単純に歌う行為が難しいコーラス部分を見事に歌いきったのである。もちろんジュリアも同様に歌いきっていたが、彼女とは経験の差が違う。初出演で、アレをやってのけた。そこに賞賛は送られないのであろうか。瑞希の魅力が気づかれていないことが、すごく悲しい。(もちろん気づいているという方もたくさんいらっしゃるであろうことなので、この部分は『まえがき』にも書いたが改めて強調させていただく。私は、気づいている貴方がたのことをどうこう言っては一切ないし、気づいていない方々のことを別に侮辱しているわけではない。所詮は「瑞希にも目線向けろや」という醜い嫉妬であることをご理解いただければ幸いだ)

 

 

 ただ、結局の所、このライブは楽しかった。

 理由は説明するまでもないだろう。このライブが楽しくなかったなどと言う輩はいない。楽しいという感情に色々な他の感情がプラスされていく過程で、それが見えなくなる可能性はあるが、楽しくなかったという感想を持つ方は誰もいないと信じている。

 

 

 

 

 私はどのような表情をすればいいのだろうか。いや、こういうとき真壁瑞希であればポーカーフェイスを崩さないままでいればいいのだろうが……もしかすると、あまりに多くの相反する感情が混ざりすぎて結局無表情になっているのかもしれない。

 

 

 

 結局の所、何が言いたいかがまったく見えてこないと思われるが、要するに私は瑞希が大好きであり、これからもサポートを続けることを誓ったというだけの話である。

 

 

 これが私なりの、感想こたえ感想こたえと言うより、告白こたえ

 

 さて、この辺で私の"Expressive Confession回りくどい意味深な告白"はお終い。

 普段の"Expressionless Passion乏しい表現力で記された感情"をまとめるブログに戻ろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サモア飯を食してみるなどした

暇人である私は、いつものように何をするわけでもなくTLを見ていた。

 

すると、とあるフォロワーからのリツイートにこのようなものがあった。

 

 

なるほど。

 

 

これはサモア人として食わねばなるまい。

と、いうわけで。

 

 

f:id:BringerOfPain10:20160410115717j:plain

まずはパン。超熟。私のお気に入りのパンである。

f:id:BringerOfPain10:20160410115810j:plain

コーラ。喉が渇いていたので最初に少し飲んでしまった。

f:id:BringerOfPain10:20160410115855j:plain

アイス。私の1番のおすすめである。美味い。

 

 

さて、『パンを1斤くり抜いて』とあるのだが……

実際、普通にスーパーなどで売られているパンは全部カットされている。

しかも、1斤なんて量はいくら私でも食べ切れる量ではない。

 

そこで、だ。

サンドイッチにしてみた。

f:id:BringerOfPain10:20160410120120j:plain

f:id:BringerOfPain10:20160410120145j:plain

 

ふむ。これで実質的にはアイスはパンの中に入っているわけである。OKとしよう。

 

 

そして最後の仕上げ。

 

コーラである。

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:BringerOfPain10:20160410120307j:plain

 

 

どばああああああああああああああwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

 

 

どう見てもゲテモノです、本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

では、実食。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

……………………………………………………………………………………

 

 

 

 

 

まっず。

 

 

 

 

や、サモア人の味覚大丈夫か? まずすぎるんですけど?

パンの良さとコーラの良さとアイスの良さが全て打ち消し合ってただのお腹を膨らませるだけの見た目通りゲテモノなんですけど???

 

 

しばくぞ?????

 

 

 

 

 

結論

 

 

ただ、ひたすらに、不味かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上、休日に暇を持て余したオタクがお送りしました。

 

 

 

 

 

 

 

ミリオン福岡

前回の大阪公演、とにかく大好きな子がどんどん活躍して、大好きな曲がガンガンでてきて、大はしゃぎして「ただただ楽しかった」って感じでした。

今回の福岡公演、特に好きな子ってのは海美とひなたくらいで、他の子のPの人たちには申し訳ないんだけど残り9人のうちほとんどがミリオン全員で順位付けしたら下位にくるようなあまり興味を持っていなかった子だらけでした。

いや、結論から言うとただただ圧倒されました。全体に目を向けなきゃなんねえなって再確認しました。

 

MC, Dreaming, Welcome, Thank Youは割愛します。

 

2. Understand? Understand!

Dreaming!の後の先頭打者として予想はしてました。うえしゃまと種田さんの名前が呼ばれた時はテンションが上がりました。開幕初球先頭打者場外グランドスラム

うえしゃま、すごいね。歌ってる時の「高坂海美」の憑依っぷり、大阪の時にも感じましたけど彼女はどうやったらあんなことができるんでしょうか。

 

3 サマ☆トリ ~Summer trip~

今回がミリオン大舞台初登場のぴらみさん、そんな気はまったくしない相変わらずの美声でいらっしゃる。いやFIND YOUR WIND!を聴きたい気持ちはありましたけど、あの後半のセトリを考えるとサマトリをここに入れたのは正解ですよ。いい2番打者です。

 

4 ココロ☆エクササイズ

そして再び高坂海美上田麗奈

1番の歌詞全部2番で歌ったって後から気づきました。でもそんなんでも全然かまへん、ってなるのが上田・高坂コンビ(?)の魅力なんじゃないかなって。最後、ココロの思い出を吐露して泣いていたうえしゃまですが、あの涙ってミスったことの悔しさも混ざってたのかなあ。

 

5 おまじない

唯一の後悔。

おまじない、好きなんだけど今回に限っては『オリジナル声になって』がよかったなって。ごめんね。

 

6 fruity love

みっく、あつひめさん、かわいすぎんか????

言語能力がとりあえず崩壊する程度のかわいさでしょ、お前なんでここに伊藤美来いれたんだよ天才かよ、あと皆みっくみっく言うてるけど温姫さんありえんありえんかったやんけマジでホント

 

7 piece of cake

全曲の激カワ路線からクール&ビューティーに一転。会場の雰囲気も一気に吸い込まれていきました。二人とも声ほんと透き通ってて心の奥底まで入ってきますよね。強い。

 

8 "Your" HOME TOWN

亜美の所にはもちょがIN。当然ですよね、HOME TOWNなわけですから。

私はこの曲を聴くと槇原敬之さんの『遠く遠く』を思い出したりもするわけなんですが、ひなたの故郷から日本の反対の端、遠く遠く、さらにまた遠く離れた所で、故郷に帰ってきたもちょが歌うということで、全く逆の2つの意味が重なった最高の曲になったと思います。是非今度は北の大地で、ひなたの故郷凱旋曲として聴きたいなって。

 

9 Eternal Spiral

ころあずかっこよすぎ。木戸ちゃんかっこよすぎ。

 

10 あのね、聞いてほしいことがあるんだ

正直前半で来るとは思ってませんでした。あまりの不意打ちにイントロで既に涙が浮かびました。木下ひなたという女の子の気持ちを余すところなく表現した田村さんに感謝しかありません。そして2番の途中でこらえきれずに涙声になる彼女につられて私もさらに泣いてしまいました。ただただ、頑張れ、頑張れと心の中で祈ることのできるアイドルだと思います。田村さん、ありがとう。

 

 

11 ジレるハートに火をつけて

いや来ると思わんでしょ。あのねで感極まってる所にU? U!があるからどうせ来ないだろうと思っていたジレハが来るなんて。

ライブ特有の長めの特殊イントロでよかった。間違いなくいきなり『熱い熱い情熱が』なんて流れて来たら脳みそがパンクしてたと思います。この曲はうえしゃまもなんですけど種田さんにガツガツに心もってかれました。灼熱少女のリーダー、こんなにもすごかったのか。書いてて申し訳なくなってきた。

 

12 夢色トレイン

大阪の時の50倍くらいかわいかったっすね。

「めっちゃ好いとうよ~!」で死んだ。

関係ないけど帰りに偶然博多弁の女の子が横を通っててまた死んだ。

親戚の博多弁を聞いたところでこんな感情は味わえない。

 

13 乙女よ大志を抱け!!

まだまだ年齢的には乙女の彼女たちが歌うこの曲、エネルギッシュで俺好みのもの。

天海春香さんってすごいなあ。アイマスってすごいなあ。

 

14 KisS

961組のこれ見事にやり切るのすごくない?

うえしゃまともちょすごくない?

うえしゃまナニモンだよ????

 

15 inferno

ころあずとアマテン、とりあえずすごい。

ていうか765ASカバー全部すごい以外出てこないんだけど。

蒼と白が見事にマッチしてたし、声量すごいし、動きすごいし、ごめんねボキャ貧で。

 

16 First Stage

この曲、聞いたことはたった1度しかありませんでした。

実際にライブでも全然やられていないそうですね。

今回が「First Stage」になる二人によるパフォーマンスだったわけですけど、この2人本当に初舞台なんですか。ウソってよくないと思うんだけど。

 

17 チクタク

正直に申し上げて全く知らなかった曲でした。

お二人がクッソ可愛かったっていう記憶は残ってます。

 

18 Fu-Wa-Du-Wa

1番のノーマーク。

できれば真と歩がいる時に聴きたかった……。

 

19 透明なプロローグ

ここからの流れを考えた奴の思考回路はどうなってるんだろう。IQ300くらいありそう。

こないだね、SSAのライブの一挙放送がニコ生であったじゃないですか。あの時感極まって泣いてた伊藤さんを見たわけです。その後に今回のまぶしい笑顔を振りまく伊藤さんを見て、僕なんかが言えたアレじゃないんですけど、すごい成長してるんだな、って。今回が初舞台の3人も、もっともっと凄いパフォーマンスになっていくんだろうなって。

 

20 STEREOPHONIC ISOTONIC

聞き入っててコールすんの忘れた。

温姫さん死ぬほどかわいいしあの早口ちゃんと言い切ったしなんでロコ福岡にしかいないんだよ幕張に出てきてくれ

今回の講演で温姫さんありえん好きになった(言語障害

 

21 Helloコンチェルト

木下ひなたに何度目かわからない感謝。

めっちゃテンションあがるしコールもドチャクソ楽しいんだけど、よくよく歌詞を見るとすごい心にグッとくるんですよね。律子も美奈子も亜利沙もいない中でも、みっくに支えられて見事なコンチェルトを引き出したひなたはこのライブの中でもすでに成長を感じさせてくれました。ごめんひなたひなたって書いてるけどこの「ひなた」には「木下ひなた」と「田村奈央」の2つの意味が含まれてます(言語障害

 

22 Shooting Stars

ただただ圧倒的と言うほかない、いや茜ちゃんもいてほしかったけど、クレシェンドブルーというユニットのパワフルさだとか美しさだとか輝きだとか(以下ボキャ貧につき割愛)に全身を打ち付けられた感覚を覚えました。CD音源なんてちゃっちいなぁ……タイトルじゃ複数形だけど歌詞の中では単数形、一人一人が光り輝く流れ星……なんか自分の言葉みたくなくなったのでここでやめます。

 

23 Precious Grain

大阪1日目で一旦聞いてましたけど、最上静香と田所あずさの2人の声の力強さが何倍にも増してるような気がしました。あと初めて振りコピなるものを一曲通してやってみたけどすんげえ楽しいねこれ。いや楽しい楽しいすんごい楽しい。CD音源なんてちゃっちいなぁ……(2回目)

 

24 ホントウノワタシ

全身をまた打ちつけられました。とにかくこう、田中琴葉っていうアイドルに目を向けてなかった自分でこれなんだから田中琴葉が大好きな皆さまはこの程度じゃすまなかったんでしょうかね。CD音源なんてちゃ(3回目)

 

25 絵本

CD音源なん(4回目)

雨宮天さんが北沢志保であるところの理由がわかった。

色々な感情が交錯する間もなく、(透明なプロローグからだけど)ずっと心を奪われ続けてました。大した感想、書けません。「すごい」なんて言葉はちゃっちいですよ、ここの4曲に関しては。いやホントLVで聞いた人間でもこんな感情なんだから現地じゃもっとヤバかったと思うし、福岡のプレイリスト作って再生しても何か物足りなさを感じるのは間違いない。

 

26 星屑のシンフォニア

はなからリーダーコンビで何やるか予想してなくてよかった。願望を持たなくてよかった。

最高。

パーフェクト。

トレバー・ホフマンのようなクローザー感。

 

……なんか私の弱い頭で感想書くと陳腐になる気がするからやめよう。

 

 

 

リーダー2人のマイクを通さない「ありがとうございました!」でちょっとウルッときたし。

 

 

最後に1つだけ。

 

福岡公演、ありがとう。

ミリオン大阪

楽しかったです。

こう、心がこう、ね。

心臓の中で炎が燃え続ける感じ。

今それ。

 

 

 

1日目LVだったんで簡潔に書きますけど、ミリオンのライブが初めてだった人間にはいろいろ衝撃だったのは覚えてます。元々のユニットのメンバーが誰1人いないユニット曲とか、こういうのがアイマスなのかという色々なカンジョンホ、もとい感情がごちゃ混ぜになった感情を1日目に持ったおかげで2日目に一切ごちゃごちゃ文句を言うこともなく楽しめたんだなと。

「そういうもの」として成立しちゃってるものに今更新参者が文句言ってもね。パパッと切り替えて受け入れちゃった方が早いよね。

 

とりあえず愛美さんのガーターベルト周辺部位をデカデカとLVのスクリーンに映し出すのは割とよろしくないと思う。あれはよろしくない。

あとアフタースクールパーリータイムで既にゆきよさんが泣いてたのは申し訳ないけど笑いました。

765AS曲、あんま知らないんですけど2/5が知ってる曲で助かりました。

 

2日目、現地。

ライブ前に色々アホなことをして会場内へ。オリックス劇場の座席、横幅が映画館より狭い。48歳サモア人にも対応できるようにしろ。

2daysのおかげで両日参加の人は前日やらなかった方のソロをやるっていうのはもう分かってたので既に優勝を確信していたのですが、2曲目でUp! 10sion♪は心の準備ができていなかった。あとSUPER SIZE LOVE!!の記憶が一切抜け落ちてるので誰か近所に居た人何してたか教えてください。

 

成長Chuを挟んで大阪2日目だけの参加となる末柄さんと貴音ポジに入った田所さんで秘密のメモリーズ、ここから全部心臓撃ち抜いて行きました。Smiling Crescentで眠りかけた? なんのこってす?

前日夜にGet My Shinin'は曲大好きだけどライブじゃちょっとな、ユニゾン☆ビートのほうがいいとか言ってた? これも記憶にないですね??確かにエタハモとハロコン聴きたかったですけど、1日目LVで消化不良だった部分が全てぶわっと解消されていった感じがしました。同じセトリは割と不評だったみたいですけど……。僕からしたら花粉症で詰まった鼻水に点鼻薬打ってスーーーーーッと鼻づまりが消えた感覚だったんですけどね。例えが不適切でした。失礼。

 

フローズン・ワードについての感想は文字に起こして「私の気持ちはこうじゃないんだ」ってなって消してを繰り返してるので書かないことにしました。とりあえず確定で言えるのは「あの場に居たのは藤井ゆきよであり、また所恵美でもあった」ということです。

 

 

 

 

 

ここまでライブの感想を適当に飛び飛びで書いておいてなんですけど、記憶に残ってる中で1番楽しかったのはライブ中ではなくオコエ瑠偉のタオル掲げて遊んでたあの時間だったと思います。

Fantasy Baseball 初参加

Fantasy Baseballなるものに初参加してみます。

声豚リーグとかいう限界オタクリーグに誘われたので入ってみました。

 

 

参加者の皆様のチーム名とアイコンです。

f:id:BringerOfPain10:20160304160130j:plain

 

 

 

 

 

これは限界極めてますね。間違いない。

 

ドラフトは今後行われるので、またチームのロースターが組めたら追記します。

 

 

 

 

 

 

追記

 

 

ドラフト、終了。

f:id:BringerOfPain10:20160306235500j:plain

 

全順位の指名はこちらになります。

 

 

以下ロースター。

 

f:id:BringerOfPain10:20160306235617j:plain

f:id:BringerOfPain10:20160306235620j:plain

ごめんなさい。

 

 

 

ごめんなさい。ごめんなさい。

 

 

 

 

 

加隈亜衣さん、ごめんなさい。

 

 

 

 

 

 

ごめんなさい……。

 

 

 

 

 

 

 

 

キャラと声優の関連性みたいなものについて

突然ですけど、声優さんで「リアル○○(キャラ名)」みたいな言われ方する人いるじゃないですか。あれ見て思ったんですけど、じゃあそのキャラでアレするって要するにその声優さんでアレすることになったりするんですかね。

 

いや、『響け! ユーフォニアム』のね、黄前久美子ってキャラね、あれかなり黒沢ともよさんにシンクロしてると思うんですよ。あの子まあわかる人にはわかるんだけどめったくそエロいんですよ。塚本君といるときのメスの顔相当いいんですよね。あれが彼氏といるときの黒沢ともよさんの顔かって思うとまた捗るんですけど。

 

実際ね、前川みくとかニッカ・エドワーディン・カタヤイネンみたいな完全に声(+ビジュアル)でアレさせに来てるキャラっているじゃないですか。失礼な話かもしれないですけど私自身は高森さんにそういうアレを抱いたことがないんでやっぱりあの人は声が素晴らしいなって思うんですよ。エロゲとかでもさ、やっぱり中の人で選ぶってのはあってもそれは「中の人の声」で選んでるじゃないですか。私は高森奈津美さんはエロゲ出てるなんて一言も言ってないですからね。小鳥居夕花って誰だよ。

 

逆にさ、キャラではアレできない、むしろアレしちゃいけない子もいるじゃないですか。さっき出た黄前久美子ちゃんの親友の川島緑輝ちゃんとか。でもあれ中の人相当アレじゃないですか。いやもうそういう路線狙ってる程度にはアレじゃないですか。本当にどっちかとしか出来ない、例えるならあのポケモンの化石のどっちかしか選べないアレみたいなアレって状況になったら実際M・IかM・Tどっち選ぶって言ったらM・IオタクでもM・T選ぶ程度にはあれじゃないですか。いや実際M・Iのちゃんとしたオタクの方々はM・I選ぶって人も大勢いると思うので正直こんなこと言うのアレですけど。

 

じゃあ中の人とシンクロしてる場合、これ実際どうなるのって話なんですよね。そりゃ黄前久美子ちゃんでアレしてる時に黒沢ともよさん想像するかっつったらNOでしょうよ。でも深層意識の中ではアレなことなってるかもしれないじゃないですか。そういうこと考えるとわりかし罪悪感感じて来ませんか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ僕は感じないですし正直黄前ちゃんと黒沢さん同時にアレするっていうのもアレかなって。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関係ないけど多分来年打線組める気がする。